この夏はKeMCoで謎探し…!?第0回「オブジェクト・リーディング•リーディング: 精読八景」
見出し画像

この夏はKeMCoで謎探し…!?第0回「オブジェクト・リーディング•リーディング: 精読八景」


夏休み!どこかへ出かけたいけど暑いし、何をしようかな…とお迷いのみなさま!この夏は、是非、KeMCoに謎を探しにいらっしゃいませんか…?

2021年8月16日(月)〜9月17日(金)、KeMCoでは「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展を開催いたします!

土日は閉館しているKeMCoですが、夏休みは、今までKeMCoに訪れるチャンスがなかったみなさまにもご来場いただける、またとない機会です!

とは言っても…

オブジェクト?リーディング?
そもそもこのポスターの中央の不思議な空白は何…!? 

と、「❓」マークで頭がいっぱいの皆様のために、今回は…

・  そもそもオブジェクト・リーディングって何?
・「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では何ができるの?
・「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では何を見ることができるの?


といった、この展覧会の基本的な部分をご紹介できましたらと思います…!


・そもそもオブジェクト・リーディングって何?

美術館や博物館を訪れると必ず一度は皆様が目にするもの…、キャプション(作品に添えられた説明文)。

キャプションは、作品をより深く知り、充実した鑑賞を補助してくれる優れものですが、キャプションを先に読んだら、作品に対して先入観が生まれてしまった…、なんていう経験がある方も多いのではないでしょうか💦

目の前の作品の、大きさ・色使い・重さ・匂いなどなど…
作品をオブジェクトとして捉えることで、今まで気づかなかった作品の側面が見えてくることも多いのです!

同じ作品を見ても、人によって受け取る印象はさまざま。
作品に対して、キャプションは一つだけですが、本来、印象や感想は見る人の数だけあるものです。

「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では、目の前に存在するフィジカルな作品=「オブジェクト」と向き合うことで、「リーディング」=読み解く鑑賞体験をお手伝いいたします…!

この展覧会は、慶應義塾が誇る以下の7部署

・慶應義塾大学アート・センター
・慶應義塾大学文学部古文書室
・慶應義塾大学附属研究所斯道文庫
・慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻
・慶應義塾福澤研究センター
・慶應義塾大学三田メディアセンター
・慶應義塾大学文学部民族学考古学専攻

に、KeMCoを足した計8部署のオブジェクトによって生まれる景色=「八景」を読み解くことができる、とても貴重な機会です!

そうは言っても…
静かな展示室の中で、一緒にいる家族や友人とその場で感想をシェアするのは難しいし…

とご心配のみなさま!「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では、精読のためのとっておきの秘策をご用意しているのです!


・「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では何ができる?

精読のための秘策…それは、精読シート!

ご来場いただいたみなさまには、気づいたことを短冊のような細長い紙片(八景ピース)に書き込んで、精読シートを完成させていただきます!

その過程で、じっくりとオブジェクト・リーディングを体験していただくことができる、という仕組みです。

画像1

この展覧会ヴィジュアルの中央にある不思議な空白、実は、作品を読み解くためのワークシートを差し込み、自分だけの精読シートを完成させるための空白なのです!💡

これで自分だけのオブジェクト・リーディングはばっちり…!?

…とは言っても、各領域のプロが日々そのオブジェクトとどのように向き合っているのかも、是非知りたいですよね?

同じオブジェクトを前にしても、研究領域ごとに着目する部分がかなり異なります。

そうした部分も精読のための仕掛けとしてご紹介する予定です。

今回の展覧会は、各8部署が、日々どのような部分に着目して研究しているのか一度に知ることができる、滅多にないチャンスでもあるのです…!✨


・「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展では何を見ることができるのか?

ここまで読んでくださったみなさまは、既に展覧会チラシはチェック済みかと思いますが…(まだの方は、是非チェックしてみてくださいね!)

土方巽の舞踏譜やデューラーの銅版画、縄文時代の犬の骨などなど…

気になる作品目白押しです!

実は、このチラシに掲載されていない出展作品も(もちろん)まだまだあります。

次回以降は、チラシには掲載されていない作品を中心に、「オブジェクト・リーディング: 精読八景」展の魅力をお伝えできたら…と思います!

チラシに掲載されている作品と、掲載されていない作品の間には謎の関係も…?

それでは、更新をお楽しみに!🙌

(文責 : 学芸スタッフKeMiCo KOYURI)

オブジェクト・リーディング : 精読八景」展
会期は8月16日から9月17日
 開館時間 11:00から18:00(土・日・祝日休館)です。

ご予約はこちらから
※入場には事前予約が必要です。





慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展10/18〜