オンラインで楽しめる!慶應義塾ミュージアム・コモンズの秘密の部屋
見出し画像

オンラインで楽しめる!慶應義塾ミュージアム・コモンズの秘密の部屋

本日(5/5)は、こどもの日ということで、こどもの皆様にも(きっと)お楽しみいただけるオンライン展覧会「RoomX」をご紹介します!

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)では現在、グランド・オープン記念企画「交景:クロス・スケープ」を実施しております。「文字景」「集景」という2つの展覧会シンポジウム「本景」など、さまざまな景色が交錯していますが、そのうちのひとつが「RoomX」です。

RoomXでは、「交景:クロス・スケープ」で展示される作品や、会期中におこるさまざまな事々を、奇怪な住人(通称:ユニコン君)のナビでお届けします。アイコンをクリックすると、各種作品を鑑賞いただけるだけでなく...KeMCoの企画に連動して開催されている「(西洋)文字景」展(慶應義塾図書館)の作品一覧や先日オープンした慶應義塾の文化財デジタル・アーカイヴ「Keio Object Hub」、そしてKeMCoの学生スタッフによるデジタル・アナログ融合企画「KeMCoMプロジェクト」の活動など、多種多様なアクティビティの"ハブ"となっています。

詳しくは、以下のnoteで学生スタッフKeMCoM(ケムコム)がご案内しているので、ぜひご一読いただき、RoomXにご来場ください!

日本語によるご紹介↓


英語によるご紹介↓


この記事が参加している募集

オンライン展覧会

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展10/18〜