学生スタッフ定期レポート①展覧会に向けたブレインストーミング
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

学生スタッフ定期レポート①展覧会に向けたブレインストーミング

こんにちは!

本日、デジタル × アナログチームは4月から開始する展覧会に向けたブレインストーミングを行いました💪

3人ずつ2チームに分かれてテーマに合わせてアイデア出し。その後チームごとにプレゼンを行いましたが、各チームの溢れる個性が可視化されました。

今回のコンセプトは、「デジタル × アナログ」「学内の交流」「グローバル」。それぞれの思う“面白い展覧会”について熱い議論が交わされました。

特に注目を集めたアイデアをクローズアップしてご紹介していきます。

コロナ禍において枯渇した非日常感を味わいたい、そんな気持ちがこめられたアイデアが集まりました。

デジタル × アナログのアイデアとして、自分でカスタマイズできるパンフレットやチケットを作りたいという意見には、たくさんの共感が集まりました。

特にSNS関係では、大学生スタッフの経験をもとに塾生に身近な展示会にするアイデアが続出しました。

次回このブレインストーミングを深めていく予定です。皆のアイデアが実現に近づくのか否か!?乞うご期待!


文責:慶應義塾大学文学部 R .O . & Y .M .
   慶應義塾大学法学部 K .K .

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展10/18〜