Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

    マガジン

    • 書を極める展

      古くに書かれた筆跡「古筆」の鑑定を行った古筆家、そして鑑定文化について考える展覧会、「書を極める」展のレポートをお届けします。

    • KeMCo新春展 虎の棲む空き地

      KeMCoでは、新しい年のはじまりを祝うべく空き地に虎を棲まわせました。 慶應義塾のコレクションから集った、様々な時代や地域、メディアに渡るオブジェクトが並ぶ空き地で、「虎」を探してみてください。 あわせて、KeMCo建設時に行った発掘調査の最新情報をコーナー展示としてお届けします。新しい年の始まりに、大学の文化財を巡る活動に触れる機会となれば幸いです。

    • 「我に触れよ(Tangite me)」展

      「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展をより深く知ることのできる記事をまとめました 展覧会のご予約はこちら https://kemcoffice.notion.site/Tangite-me-72afd2f2cb7f47f68c8a70b01b435b43

    • 「オブジェクト・リーディング:精読八景」展

      • 12本

      慶應義塾大学の三田キャンパスで活動する8つのチームが連携して企画する展覧会。寓意に満ちた銅版刷の女達、縄文時代の犬の骨、下級武士の江戸絵日誌、踊りの指示書、和歌短冊のアルバム、多色刷りの戦争図、しかけ絵の中の珍獣・・・展示室にならぶ謎めいたオブジェクトたちをご紹介します!

    • Keio Exhibition RoomX: 人間交際

      慶應義塾大学では、2021年2月28日まで、オンライン展覧会「Keio Exhibition RoomX:人間交際(じんかんこうさい)」を開催中です。「Exhibition RoomX」は、オンラインにだけ存在する一風変わった「部屋」です。この部屋に、慶應義塾が所蔵する美術、考古学、歴史、貴重書などさまざまなコレクションから、展覧会のテーマ「人間交際」に接続する文化財57点を展示します。会期中には、出品作品を深く学ぶトーク・イベントのほか、展覧会にアクセスした人々のコメンタリーなど、オンライン展覧会の強みを活かしたコンテンツを配信するなど、リアルではできない、デジタル空間ならではの展覧会体験を提供します。

    ウィジェット

    記事一覧

    素描は語る…?Artist Voice II: 有元利夫  うたのうまれるところ

    今回は、KeMCoから徒歩5分ほどの距離にある、慶應義塾大学アート・センターで開催中の「Artist Voice II: 有元利夫  うたのうまれるところ」についてご紹介いたします…!…

    展覧会「Artist Voice II: 有元利夫 うたのうまれるところ」の魅力に迫る:後編

    「Artist Voice Ⅱ: 有元利夫 うたのうまれるところ」のキュレーションを担当された新倉慎右先生への突撃インタビュー後編となります。画家 有元利夫の素描をとりあげ…

    素描は語る…?Artist Voice II: 有元利夫  うたのうまれるところ

    素描は語る…?Artist Voice II: 有元利夫  うたのうまれるところ

    今回は、KeMCoから徒歩5分ほどの距離にある、慶應義塾大学アート・センターで開催中の「Artist Voice II: 有元利夫  うたのうまれるところ」についてご紹介いたします…!

    今回の慶應義塾大学アート・センターでの展示は、従来の有元利夫作品を紹介する展覧会とは、一味違います。

    展示室にあるのは、ほとんど素描のみなのです…!

    今回は、慶應義塾大学アート・センターの新倉慎右さんにお話を

    もっとみる
    展覧会「Artist Voice II: 有元利夫 うたのうまれるところ」の魅力に迫る:後編

    展覧会「Artist Voice II: 有元利夫 うたのうまれるところ」の魅力に迫る:後編

    「Artist Voice Ⅱ: 有元利夫 うたのうまれるところ」のキュレーションを担当された新倉慎右先生への突撃インタビュー後編となります。画家 有元利夫の素描をとりあげた展覧会(〜4月22日まで開催中)について、前編以上に内容を厚くお届けします!

    ↓前編はこちらから

    ー 素描類を見ていると、エジプトらしきものや仏像らしきものが見当たりますが、有元さんは昔の身体表現なども参考にしていたのでし

    もっとみる