Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

    マガジン

    • 書を極める展

      古くに書かれた筆跡「古筆」の鑑定を行った古筆家、そして鑑定文化について考える展覧会、「書を極める」展のレポートをお届けします。

    • KeMCo新春展 虎の棲む空き地

      KeMCoでは、新しい年のはじまりを祝うべく空き地に虎を棲まわせました。 慶應義塾のコレクションから集った、様々な時代や地域、メディアに渡るオブジェクトが並ぶ空き地で、「虎」を探してみてください。 あわせて、KeMCo建設時に行った発掘調査の最新情報をコーナー展示としてお届けします。新しい年の始まりに、大学の文化財を巡る活動に触れる機会となれば幸いです。

    • 「我に触れよ(Tangite me)」展

      「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展をより深く知ることのできる記事をまとめました 展覧会のご予約はこちら https://kemcoffice.notion.site/Tangite-me-72afd2f2cb7f47f68c8a70b01b435b43

    • 「オブジェクト・リーディング:精読八景」展

      • 12本

      慶應義塾大学の三田キャンパスで活動する8つのチームが連携して企画する展覧会。寓意に満ちた銅版刷の女達、縄文時代の犬の骨、下級武士の江戸絵日誌、踊りの指示書、和歌短冊のアルバム、多色刷りの戦争図、しかけ絵の中の珍獣・・・展示室にならぶ謎めいたオブジェクトたちをご紹介します!

    • Keio Exhibition RoomX: 人間交際

      慶應義塾大学では、2021年2月28日まで、オンライン展覧会「Keio Exhibition RoomX:人間交際(じんかんこうさい)」を開催中です。「Exhibition RoomX」は、オンラインにだけ存在する一風変わった「部屋」です。この部屋に、慶應義塾が所蔵する美術、考古学、歴史、貴重書などさまざまなコレクションから、展覧会のテーマ「人間交際」に接続する文化財57点を展示します。会期中には、出品作品を深く学ぶトーク・イベントのほか、展覧会にアクセスした人々のコメンタリーなど、オンライン展覧会の強みを活かしたコンテンツを配信するなど、リアルではできない、デジタル空間ならではの展覧会体験を提供します。

    ウィジェット

    記事一覧

    展覧会で「推し」を見つけよう!KeMCoメンバーに推しを聞いてみた

    突然ですが、皆さんには「推し」はいますか? 「推し」とは、特にイチオシのモノや人のこと。好きな芸能人、キャラクター、好きなコンテンツなどのことなのです! 私も今度…

    シンポジウム「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える」

    三田祭も終わり、いよいよ本格的に冬到来!という雰囲気ですね。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか? KeMCoでは去る11月6日、「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える…

    展示室を見守る、監視員さんって?

    展覧会に行くたびに目にする、展示室の端で作品を見守っている人…🖼 「学芸員さんなの?」「何をしている人なの?」 と、よく聞かれますが…  実は、監視員と呼ばれるお…

    アート系ワークショップのつくり方!?

    突然ですが、みなさまはアート系ワークショップに参加されたことはありますか? 私は幼稚園の頃に、隣駅近くの美術館のワークショップによく参加していました。夏には色水…

    展覧会で「推し」を見つけよう!KeMCoメンバーに推しを聞いてみた

    展覧会で「推し」を見つけよう!KeMCoメンバーに推しを聞いてみた

    突然ですが、皆さんには「推し」はいますか?
    「推し」とは、特にイチオシのモノや人のこと。好きな芸能人、キャラクター、好きなコンテンツなどのことなのです!
    私も今度「推し」の出演する映画が公開されるので、とても楽しみにしています。

    ところで、展覧会で「推し」というとあまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれません…ですが、展覧会こそ「推し作品」を見つけるチャンス。
    今回は、三田キャンパスで開催中の

    もっとみる
    シンポジウム「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える」

    シンポジウム「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える」

    三田祭も終わり、いよいよ本格的に冬到来!という雰囲気ですね。

    みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

    KeMCoでは去る11月6日、「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える」と題してシンポジウムを開催いたしました。

    今回は、その様子をダイジェストでお届けできたらと思います…!

    シンポジウムは、大まかに

    第1部 「触」を考える
     「見出し、ケアし、伝える」渡部葉子(KUAC/KeMCo)   

    もっとみる
    展示室を見守る、監視員さんって?

    展示室を見守る、監視員さんって?

    展覧会に行くたびに目にする、展示室の端で作品を見守っている人…🖼

    「学芸員さんなの?」「何をしている人なの?」
    と、よく聞かれますが… 
    実は、監視員と呼ばれるお仕事の方たちなのです🌟

    学芸員とは異なり、多くの場合アルバイトの求人などで募集され、展示室にいない学芸員の代わりに、作品を最前線で見守る重要なお仕事です。

    今日は、KeMCoで監視員をしてくださっている慶應義塾大学文学部2年の末

    もっとみる
    アート系ワークショップのつくり方!?

    アート系ワークショップのつくり方!?

    突然ですが、みなさまはアート系ワークショップに参加されたことはありますか?

    私は幼稚園の頃に、隣駅近くの美術館のワークショップによく参加していました。夏には色水遊びをしたり、秋には落ち葉でコラージュを作ったり…。
    幼い頃の私にとって、美術館は作品を鑑賞する場所というよりは、手を動かす場所でした✂️!

    一方で、アート系ワークショップというと「ハイセンスな人ばかりが集まるんじゃない?」「美術の知識

    もっとみる