Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展10/18〜
+12

展覧会で「推し」を見つけよう!KeMCoメンバーに推しを聞いてみた

突然ですが、皆さんには「推し」はいますか? 「推し」とは、特にイチオシのモノや人のこと。好きな芸能人、キャラクター、好きなコンテンツなどのことなのです! 私も今度…

+2

シンポジウム「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える」

三田祭も終わり、いよいよ本格的に冬到来!という雰囲気ですね。 みなさま、いかがお過ごしでしょうか? KeMCoでは去る11月6日、「我に触れよ:コロナ時代に修復を考える…

展示室を見守る、監視員さんって?

展覧会に行くたびに目にする、展示室の端で作品を見守っている人…🖼 「学芸員さんなの?」「何をしている人なの?」 と、よく聞かれますが…  実は、監視員と呼ばれるお…

+1

アート系ワークショップのつくり方!?

突然ですが、みなさまはアート系ワークショップに参加されたことはありますか? 私は幼稚園の頃に、隣駅近くの美術館のワークショップによく参加していました。夏には色水…