Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

Keio Museum Commons (慶應義塾ミュージアム・コモンズ)

慶應義塾ミュージアム・コモンズ(KeMCo)は、2021年4月にオープンした慶應義塾の大学美術館です。このnoteでは、KeMCoの所員やスタッフがミュージアムやアートに関わる話題を幅広く展開します。

    マガジン

    • 書を極める展

      古くに書かれた筆跡「古筆」の鑑定を行った古筆家、そして鑑定文化について考える展覧会、「書を極める」展のレポートをお届けします。

    • KeMCo新春展 虎の棲む空き地

      KeMCoでは、新しい年のはじまりを祝うべく空き地に虎を棲まわせました。 慶應義塾のコレクションから集った、様々な時代や地域、メディアに渡るオブジェクトが並ぶ空き地で、「虎」を探してみてください。 あわせて、KeMCo建設時に行った発掘調査の最新情報をコーナー展示としてお届けします。新しい年の始まりに、大学の文化財を巡る活動に触れる機会となれば幸いです。

    • 「我に触れよ(Tangite me)」展

      「我に触れよ(Tangite me):コロナ時代に修復を考える」展をより深く知ることのできる記事をまとめました 展覧会のご予約はこちら https://kemcoffice.notion.site/Tangite-me-72afd2f2cb7f47f68c8a70b01b435b43

    • 「オブジェクト・リーディング:精読八景」展

      • 12本

      慶應義塾大学の三田キャンパスで活動する8つのチームが連携して企画する展覧会。寓意に満ちた銅版刷の女達、縄文時代の犬の骨、下級武士の江戸絵日誌、踊りの指示書、和歌短冊のアルバム、多色刷りの戦争図、しかけ絵の中の珍獣・・・展示室にならぶ謎めいたオブジェクトたちをご紹介します!

    • Keio Exhibition RoomX: 人間交際

      慶應義塾大学では、2021年2月28日まで、オンライン展覧会「Keio Exhibition RoomX:人間交際(じんかんこうさい)」を開催中です。「Exhibition RoomX」は、オンラインにだけ存在する一風変わった「部屋」です。この部屋に、慶應義塾が所蔵する美術、考古学、歴史、貴重書などさまざまなコレクションから、展覧会のテーマ「人間交際」に接続する文化財57点を展示します。会期中には、出品作品を深く学ぶトーク・イベントのほか、展覧会にアクセスした人々のコメンタリーなど、オンライン展覧会の強みを活かしたコンテンツを配信するなど、リアルではできない、デジタル空間ならではの展覧会体験を提供します。

    ウィジェット

    記事一覧

    慶應義塾所蔵の文化財が一同に会する、オンライン展覧会を開催中!

    前回の記事でお伝えしたように、慶應義塾ミュージアム・コモンズでは現在、義塾所蔵作品のデジタル化を進めております。 そうしてデジタル化された作品の一部は、現在、「…

    慶應義塾所蔵の文化財・美術作品のデジタル化(の舞台裏)

    慶應義塾ミュージアム・コモンズ(ケムコ)では「さまざまなデジタル技術を活用し、文化財情報へのアクセスを拡張する仕組みを開発」しておりますが、そうした活動の一環で…

    ここ最近の慶應義塾ミュージアム・コモンズの活動について

    皆様、ご無沙汰しております。久しぶりの投稿となりますが、早いもので、もうすぐ6月も終わりですね。。 今年も残すところあと半年...というのが俄には信じられませんが、…

    いますぐ見れる!慶應義塾発・オンラインコンテンツのご紹介

    まだ5月というのに、例年にない暑さが続いておりますが、皆様お元気でいらっしゃいますか。 さて、本投稿では、ご自宅で今すぐ楽しめる!慶應義塾発・オンラインコンテン…

    ポストコロナ社会のミュージアムはどうなるのか(について、思いを巡らす)

    こんにちは、慶應義塾ミュージアム・コモンズの宮北剛己です。 前回、本間先生による初投稿では、KeMCo(ケムコ)の概要やこれまでの活動についてご紹介しました。「交流…

    交流を生み出す大学ミュージアム、を作るための試行錯誤

    こんにちは(はじめまして)、慶應義塾ミュージアム・コモンズの本間友です。 慶應義塾ミュージアム・コモンズは、慶應義塾の新しい大学ミュージアムで、来年の春、2021年…

    慶應義塾所蔵の文化財が一同に会する、オンライン展覧会を開催中!

    慶應義塾所蔵の文化財が一同に会する、オンライン展覧会を開催中!

    前回の記事でお伝えしたように、慶應義塾ミュージアム・コモンズでは現在、義塾所蔵作品のデジタル化を進めております。

    そうしてデジタル化された作品の一部は、現在、「Keio Exhibition RoomX: 人間交際」と題したオンライン展覧会でご覧いただけるので、是非皆様に楽しんでいただければと思います。_______________________________________________

    もっとみる
    慶應義塾所蔵の文化財・美術作品のデジタル化(の舞台裏)

    慶應義塾所蔵の文化財・美術作品のデジタル化(の舞台裏)

    慶應義塾ミュージアム・コモンズ(ケムコ)では「さまざまなデジタル技術を活用し、文化財情報へのアクセスを拡張する仕組みを開発」しておりますが、そうした活動の一環で現在、義塾が所蔵している文化財・美術作品のデジタル化を進めています。

    デジタル化の目的は、(経年劣化や損傷が不可避な)作品の記録・保存のためであったり、(物理的に鑑賞や閲覧が困難な)作品のアクセスポイントを増やすためであったり、あるいは、

    もっとみる
    ここ最近の慶應義塾ミュージアム・コモンズの活動について

    ここ最近の慶應義塾ミュージアム・コモンズの活動について

    皆様、ご無沙汰しております。久しぶりの投稿となりますが、早いもので、もうすぐ6月も終わりですね。。

    今年も残すところあと半年...というのが俄には信じられませんが、今回は、ここ最近のケムコの活動について、ご紹介していきます。

    デジタル展開(へ向けた準備)が本格始動以前の投稿でも触れましたが、ケムコはデジタルアーカイブの制作・公開をはじめ、デジタル展開を主柱の一つにしています。昨今の情勢も踏まえ

    もっとみる
    いますぐ見れる!慶應義塾発・オンラインコンテンツのご紹介

    いますぐ見れる!慶應義塾発・オンラインコンテンツのご紹介

    まだ5月というのに、例年にない暑さが続いておりますが、皆様お元気でいらっしゃいますか。

    さて、本投稿では、ご自宅で今すぐ楽しめる!慶應義塾発・オンラインコンテンツ(ミュージアム関連)を2点、ご紹介していきます。
    #MuseumFromHome at KUAC
    まずは、KUAC(慶應義塾大学アート・センター)が展開している特設ページ「#MuseumFromHome at KUAC」です。この特設

    もっとみる
    ポストコロナ社会のミュージアムはどうなるのか(について、思いを巡らす)

    ポストコロナ社会のミュージアムはどうなるのか(について、思いを巡らす)

    こんにちは、慶應義塾ミュージアム・コモンズの宮北剛己です。

    前回、本間先生による初投稿では、KeMCo(ケムコ)の概要やこれまでの活動についてご紹介しました。「交流を生み出す」にはどうすればいいのか…KeMCoメンバーは目下、試行錯誤の日々を送っておりますが、今回はタイトルの通り、ポストコロナ社会のミュージアムの在り方について、思いを巡らせてみたいと思います。

    あれこれと思いを巡らせている段階

    もっとみる
    交流を生み出す大学ミュージアム、を作るための試行錯誤

    交流を生み出す大学ミュージアム、を作るための試行錯誤

    こんにちは(はじめまして)、慶應義塾ミュージアム・コモンズの本間友です。

    慶應義塾ミュージアム・コモンズは、慶應義塾の新しい大学ミュージアムで、来年の春、2021年4月のグランド・オープンを予定しています。場所は、三田キャンパスの東側。キャンパスからすこし飛び出していて、桜田通りに面しています。

    通称は「KeMCo(ケムコ)」。「文化財を起点とした交流を生み出す場所」を「デジタル技術を活用して

    もっとみる